線維筋痛症は検査でも異常がないのが特徴

線維筋痛症アドバイスサイト

線維筋痛症は検査でも異常がないのが特徴なのだそうです。

新着記事

線維筋痛症は検査でも異常がないのが特徴

数年前からジョギングを始めました。

目的はダイエットと、骨を丈夫にしたいということでした。

ある程度の運動は骨に良い刺激を与え、骨を強くすると聞いたからです。

私は、無知なダイエットで骨密度が低く、骨折しやすいと言われたことがあります。

最初は1kmも走れなかった私ですが、最近は3km~5km走ってもまったく平気になりました。

先日、職場の同僚でもジョギングしている人がいるのですが、昨年から体全体にこわばり感があり、疲労感が消えないという症状がある、と話していました。

最初はジョギングでの筋肉痛と運動の疲労がたまっているのかと思ったのだそうです。

その疲労感やこわばり感が長く続くので、病院にいったところ、線維筋痛症ではないか、ということでした。

線維筋痛症は検査でも異常がないのが特徴なのだそうです。

同僚の場合も、いろいろな検査をしても異常が見つからず、それでも痛みを訴えるということから、線維筋痛症を疑う、という結果だったそうです。

関連サイト・・>線維筋痛症、慢性疼痛など長く続く神経の痛みでお困りの方へ